;

産後ガードルはいつから着ければいい?

産後ガードルはいつから着ければいい?

産後は骨盤が不安定になります。出産で開いてしまった骨盤をそのままにしておくと、思わぬ体調不良や体の痛みが出やすくなるからです。普段からスタイル維持に心がけてきたママさんなら、すぐにでも産後ガードルなど骨盤を矯正するアイテムを使いたくなるかもしれません。ただ、こうした体に直接働きかけるものはタイミングを見て時期を考えることが大切です。

 

出産直後はおすすめしません

ママさんによって、産後すぐに産後ガードルを付け始める人もいれば、数ヶ月経って「やっぱり体形が戻らないな」と悩むようになってから購入を考える人もいます。

まず、産後すぐに産後ガードルをつけるのはあまりおすすめできません。

産後は子宮内から出血が続くため、自然にまかせて血液が出やすい状態にする必要があります。産後ガードルのようにおなか周りを圧迫して引き締めるようなものは、出血を止めてしまうおそれがあります。

初めはソフトニッパーから

骨盤を整えるアイテムには、使い始める時期の早い順から産後ニッパー、骨盤ベルト、産後ガードルが知られていますが、まず産後2週間ぐらいして体が落ち着いてから、やわらかくソフトな素材の物から使い始めましょう。特にウエスト部を締める時は、締め過ぎないことが重要です。ソフトニッパーでもおなかのたるみを出にくくしてくれますので試してみてください。

骨盤自体を矯正するというより、やさしく子宮や筋肉、内臓をサポートするアイテムです。

産後3週間くらいから骨盤ベルトを使ってみましょう

子宮からの出血も収まり、体も動きやすくなっている時期です。骨盤をやさしく矯正するのに役立ちます。ただ、締めすぎるのはかえって逆効果です。腹巻きぐらいのソフトな感覚で使います。

産後1~2ヶ月くらいから産後ガードルを

産後1~2ヵ月して、妊娠前の体調に近づいてきたら産後ガードルの出番です。

産後ガードルは骨盤を元の状態に戻すのにも役立つアイテムです。骨盤をしっかりと支えるのはもちろん、周辺の筋肉も適度に刺激を与えて鍛えてくれます。

引き締め効果も高いので、ウエストからヒップ、太ももといった出産で大きくゆるみがちな部分を自然にシェイプアップできます。

1ヶ月目から2ヶ月目で付け始める産後ガードルは、だいたい半年~一年ほど使い続けます。骨盤やおなか周りのコンディションが安定するまで使うものなので、スタイルが妊娠前の状態に戻るまで使っても大丈夫です。

産後ガードルにはショートタイプやロングタイプ、シェイプアップ効果の高いものから着け心地を優先したものまでさまざまです。使っていくうちに2種類、3種類と購入するとその時の自分の状態に合わせた産後ガードルを着用できます。

例外もあります

出産直後から長い期間使える産後ガードルもあります。

口コミ情報を参考にしたり、それぞれのメーカーに確認してみることをおすすめします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です