;

産後の体形補正には産後ガードルがオススメ

出産後に体形が崩れてしまったという悩みを持った女性は多くおられます。

妊娠をきっかけに、女性の体は出産の準備に入る中で骨盤が開いてお尻が大きくなったり、骨盤がゆがんで体のバランスが崩れてしまうという場合があります。

『産後の体形補正には産後ガードルがオススメ』

本来であれば、出産が終わった後、時間をかけて本来の骨盤の位置に戻ろうとする力が働くのですが、元の体形にまで完璧に戻ることは多くありません。そこで、産後ガードルを着用することで締め付ける力を利用して、骨盤を矯正し体の歪みを整えることができると考えられています。

使用上の注意

産後ガードルを使用する際には、注意が必要です。それは、出産直後には締め付けが強いため体の内部を圧迫させてしまい、血行が悪くなってしまったり血圧の変化により貧血やめまい、立ちくらみなどの症状が出てくる他、子宮を休ませるためにも圧迫感の強い衣類の使用は控えたほうが良いと考えらえているのです。

目安としては、出産ご2週間が経過したくらいから産後ガードルを着用しても良いかなと思われますが、使用して異変を感じられた際はすぐに使用は中止しましょう。

また、産後ガードルはつければつけるほど効果が高いというわけではないので、就寝前などリラックスした状態が必要な時には、産後ガードルの着用をやめることも大切です。

また、産後ガードルはあくまでも一時的に開いた骨盤に対して圧力をかけて骨盤を閉じるようにする力を加える目的があるので、着用することでお腹周りのシェイプアップ効果があるということは直接結びつくことは難しく、むしろ筋肉をつけることの方がよりお腹周りの脂肪を燃焼させ真のシェイプアップを手にすることができます。

最近の産後ガードル

世の中の女性において美意識が高まる中で、ガードルにもこだわる女性が多くおられます。

最近人気の高いガードルは、トピナガードルと呼ばれるもので特徴として着用すると36℃前後をキープしてくれるのでお腹周りを冷やす心配がありません。

また、お腹の芯から体温を温めてくれるので、新陳代謝も高まり脂肪燃焼効果も期待できます。

また、下着メーカー大手のワコールから発売されているシェイプマミーガードルでは、高級ポリウレタン生地を使用していることから、肌の着心地がよくムレたりしづらい特徴があるので、お肌が弱い方やゴワゴワした感じが嫌いな人でも、このフィット感なら安心できるのではないでしょうか。

フックとファスナーもついているので着脱もしやすいなど女性の気持ちがわかっている商品で愛用している方も非常に多い品です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です