;

産後ダイエットは骨盤矯正から始めよう

出産後になかなか体重が戻らないとか妊娠前にはいていたパンツが入らないなど、体形に悩んでいるなら産後ダイエットを始めてみましょう。

出産直後はまだ体が充分回復していませんからハードな運動は無理ですし、しっかりと体を回復させるためにも食事制限で栄養不足になるのは避けたいです。

そんな産後間もないママにおすすめの産後ダイエットは骨盤矯正です。

産後ダイエットは骨盤矯正から始めよう

骨盤矯正をする理由

出産直後は骨盤が緩んだ状態になっていて、産後ゆっくりと半年から1年くらいかけて骨盤はシッカリとしていきます。

この過程で骨盤の歪みなどが起きてしまうと腰痛や婦人病の温床になったり、痩せにくくなったり、下半身に脂肪が付きやすくなったりします。

骨盤矯正自体は体に負担をかけませんし、血行が良くなりますし、お腹周りの引き締めにも役立ってくれます。

無理せずダイエットに取り組めてプロポーションが良くなりますから、落ち着いてきたら産後ダイエットとして骨盤矯正にトライしてみましょう。

 

おすすめの骨盤矯正方法

骨盤矯正にも色々なやり方がありますが、骨盤ベルトや産後ガードルを使った方法がおすすめです。

産後ガードルには補正効果がありますし履くだけで簡単ですから、育児で忙しいママにはぴったりの方法です。

 

骨盤矯正のメリット

骨盤を正しい位置にキープしていると、自然と血液やリンパの流れが促進されます。

血行が良くなると代謝が上がってきて痩せ体質になれますから、食事制限や運動をしていなくてもダイエット効果が得られます。

また、リンパの流れが良くなるとむくみにくくなりますから、足のむくみなどを防いでくれてすっきりした足でいられます。

骨盤のゆがみは肩こりや腰痛の原因にもなりますので、骨盤矯正によって身体が軽くなったと感じる人もいます。

 

産後ガードルや骨盤ベルトでしっかり補正されていると、このような体の不調を防ぐことができて、育児で疲れやすいママの疲労度を軽減するのにも役立ちます。

産後ガードルや骨盤ベルトを使う時期

産後ガードルは出産後すぐに使っても問題ありません。骨盤ベルトは産後すぐ使えるものと1ヶ月くらい経ってから使うものがあります。

骨盤がずっと開いたまんまだと内臓が下に落ち込んでしまって、ぽっこりお腹になってしまいます。

また、骨盤のゆがみは下半身太りの原因にもなりますから、骨盤が動きやすい産後すぐから半年くらいはしっかり引き締めてあげる必要があります。

 

産後ガードルと骨盤ベルトの使い分け

理想は産後ガードルと骨盤ベルトを使い分けることですが、産まれたばかりの赤ちゃんを抱えて予算的な問題は切実です。

産後ガードルにもいくつかのタイプがあり、骨盤矯正効果のあるタイプもあります。

お腹やヒップ、太ももの脂肪を引き締めながら骨盤をしっかりサポートしてくれて、体形を整える作用と骨盤をサポートしてくれる作用の両方に期待できます。

産後ガードルなら骨盤ベルトのように育児で動き回ってずれるということもほぼありませんが、締め付けの強いタイプの場合は、長い時間姿勢を崩したままでいるのは避けた方が良いでしょう。


おすすめ≫産後にオススメな運動

おすすめ≫骨盤ケア・骨盤矯正

おすすめ≫産後ダイエット

おすすめ≫産後ガードル・体験レビュー

産後におすすめ簡単ヨガ・ピラティス・ストレッチ

産後ガードルと併用も効果的なオススメ骨盤ベルト7選!

骨盤ベルトの口コミ&ランキング

産後ダイエット体験記&おすすめ産後ガードル

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です