;

産後ガードル、寝るときどうする?

産後ガードルは寝るときどうします?

産後ガードルって種類も豊富だし、いろいろな効果がプラスされているものもあるので、どれにしようか悩みますよね?

お高いものからお安いものまで、全部見て回るのも、検索して探すのも大変です。産後ガードルを選ぶときのポイントを絞ってみましょう。

※人気の産後ガードルについては当サイトでも特集を組んだことがあります。下記で関連記事を紹介していますので、ご興味がありましたら参考までにご覧ください。

そもそも産後ガードルとは

ガードルとは一時的に体形を補正する下着のことなのですが、産後ガードルはそうしたガードルとは少し違い、産後のお母さんの身体に合わせて作られているのが特徴です。

妊娠から出産にかけてお母さんの身体は脂肪が蓄積されて、その反面筋力が、特に腹部の筋力が低下してしまう傾向にあります。運動して体形を戻せれば理想ですが、家事や育児に忙しいママたちには難しい面もあります。

そうした状況を助けてくれて、産後の身体を支え、労わり、ダイエットや痩身を助けるアイテムとして多くのママたちの支持を得ているのが産後ガードルです。

産後ガードルを使っていい時間

産後ガードルを使用する時期については、1カ月検診でOKが出てからできるだけ長く使いましょうとお話ししました。

では1日に産後ガードルを使う時間は決められているのでしょうか。

使用時間の制限は特に見当たらない

いろいろな製品を調べてみても、どの産後ガードルにも特に使用時間の制限は定められていないようです。

ではでは、みなさんは1日何時間着けて過ごしますか?

1日中つけますか?それとも寝るときだけ脱いで、それ以外は着けていますか?

もちろん、産後ガードルの代表的な効果のである骨盤矯正力や体形補正効果については、できるだけ長く着けていたほうが効果的ではあります。

ですから、特に使用上の注意がないのであれば、産後ガードルは寝るときを含めて1日中着けていてもOKなのです。

ただし、次のことに注意してください。

寝るときも産後ガードルを使い続ける場合の注意

素材について

産後ガードルの多くはナイロン製です。ナイロンにはわずかに水分を吸収する性質があり、素材の持つ特性から汗と反応することがありますので、敏感肌の方や産後のお肌の状態によってはナイロンかぶれを起こすことがあります。

また生地の組織(織り方や編み方)によっては、長時間のあいだに蒸れることもあります。メーカーやショップに確認すると同時に、口コミ情報などで良く確認することをおすすめします。

伸縮性について

ハードタイプの産後ガードルは補正力が強く、一時的な体形補正というガードル本来の目的も兼ね備えているので、強い引き締めによって筋肉や血管、リンパを圧迫してしまうことがあります。そのために体内の循環が悪くなり、結果的に代謝を下げてしまうことにもなりかねません。

強く引き締めるものほど、短時間の使用にするか、時々脱いで身体を休めてあげることが必要です。

そのため強く締め付けるハードタイプの産後ガードルについては、寝るときの使用は避けた方が良いと言えます。

着心地について

使い続けるという点では、なによりストレスを感じないことが大切です。肌触りがガサガサしていてはツラいかもしれませんし、ウエストや裾の部分が固いと赤く痕になってしまったり、体に負担をかけてしまいます。

1日中着けていても負担にならない素材のものもありますので確認してみてください。

≫≫関連記事:寝るときも着られる産後ガードルについて

産後のママは睡眠不足になりがちなので、睡眠を妨げるもの、寝苦しいと感じるものは、やはり寝るときは外した方が良いと言えます。

産後に限らず、美容を考えてもダイエットを考えても、睡眠の質をよくすることはとても大事なことなので、できれば、着て寝た時と着ないで寝た時を比べてみることをおすすめします。朝起きた時の身体の状態も比較してみてください。

産後のママはいつも睡眠不足

出産直後の授乳は3~4時間おきが主流なので、ミルクだろうが母乳だろうが細切れ睡眠を強いられます。授乳が終わったら、頻繁に排泄を行う赤ちゃんのためのオムツ替えもあります。

そもそもどこでも寝られる人や、隙間時間で体を休めることができる人であれば特に問題ないのかも知れませんが、多くの人が目が覚めてからすぐには寝られないもの。やっと眠れたというタイミングで、またすぐに次の授乳がやってくるというサイクルだったりします。

睡眠不足とストレスがダイエットの大敵

この「自分の好きなときに眠れない」ということが、赤ちゃんとの生活の中で一番つらいといっても過言ではないと思います。

自分が寝たいときに寝られないつらさって、他では味わえないものです。昔は寝かせないという拷問もあったくらいですから・・・。

昼夜問わず、この細切れ睡眠を強いられるのでへとへとのボロボロです。

タレントさんのダイエット話は当てにならない

テレビや雑誌では「産後もすぐに体形を戻してキラキラ輝くママ」があふれていますが、マスコミで紹介されるのはほんの一部分のいいところだけです。短期間で大きな効果を得るには、陰で並々ならぬ努力をしているのは明らかです。

少なくとも私や周囲のママ友はみな、そんな煌びやかなママとは程遠い状況でした。なにせ、赤ちゃんが生まれてから、最初にパパにお願いしたプレゼントは「長い睡眠」でしたから・・・

ダイエットで大切なのは継続すること

フィットネスインストラクターなどに言わせると、1週間に1度何時間も運動するより、1日10分の運動でも毎日続ける方が効果的なのです。

産後ガードルにしても同じことが言えます。無理をして続かなくなるより、より続けられる方法を考える、着続けられる産後ガードルを選ぶことも産後ダイエットにとっては重要なことなのです。

産後ダイエットは焦らず体を休めながら

どんなにがんばってガードルも着続けても、体に負担をかけてしまっては何のために使っているのか意味がなくなってしまいます。

産後ガードル選びは好みもありますので、ハードタイプが好きな人は時々脱いで身体を休ませる、せめて寝るときくらいは脱いでゆっくりと身体を休めた方が良いと言えます。

もちろん、サイズもジャストで素材も柔らかく、着けていて負担にならない産後ガードルに出会えたら、ずっと着けていてほしいものではあります。

また、産後のショーツでお腹をひっこめるような効果のあるものもあるので、ぽっこりお腹の戻りが特に気になるというようなときは、少し楽なこちらを選ぶのもいいかも知れません。

リラックスして長く続ける

繰り返しになりますがダイエットも産後ガードルも、一番効果を上げるのは「継続する」ことです。

短期間だけ、短時間だけ、ギュウギュウ締め付けてもほとんど意味はないです。ですから、たまには産後の体形のことは忘れてリラックスして、ゆっくり身体を休めるのも大事なのです。

新生児の育児子育ては大変なのが当たり前です。

余計なことかも知れませんが、たまにパパに赤ちゃんを預けるのも、パパと赤ちゃんとの大事な時間にもなりますから、自分の体のこととあわせて夫婦でダイエット&育児を楽しむようにしましょう。

 

 

Mama’s & Baby 注目の記事

 

産後ガードルの口コミ評価・総合評価

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です