;

産後ママの20人に1人がかかると言われる橋本病

産後ママの20人に1人がかかると言われる橋本病

出産後、体調がすぐれないことで悩む女性は多いものです。

たいていは、時間の経過とともに改善することが多いですが、産後ママの20人に1人は「橋本病」という甲状腺の病気にかかるそうです。

甲状腺機能低下症『橋本病』について

もし、気になる症状がある方は、無理せず医療機関に相談しましょう。

甲状腺機能低下症『橋本病』諸症状

・むくみ(特に、手や顔がむくむ)

・のどの違和感、声が枯れる

・皮膚の乾燥

・食欲は低下するのに、体重増加

・無気力、物忘れ、ボーっとしている

・疲れやすい

・寒がり、でも夏には暑さを感じず、汗が出にくい

・脱毛

・筋力低下、肩こり

・月経不順、月経過多

・便秘

・動悸

これらが6つ以上当てはまる方は要注意だそうです。

甲状腺機能低下症『橋本病』の対処法

他の病気と間違えられやすい症状のため、うつ病と診断されてしまうケースもあるようです。

甲状腺機能低下症は血液検査を受けることで、正確に診断できるそうです。

甲状腺機能低下症と診断された場合は、甲状腺ホルモンを処方されます。

手術などが必要な病気ではありませんので、あまり心配する必要はありません。

当てはまる方は、内科や循環器科などで、血液検査を受けてみるといいでしょう。