;

骨盤はゆがまないって知ってた?

”出産したら骨盤がゆがんだ”

”出産を期に骨盤が開いてしまった”

実際に私も、出産をする前に先輩ママから

【出産したら骨盤が開いちゃうから、ベルトとかで締め付けないと、開きっぱなしになっちゃうよ!】

なんて言われましたので、産後はすぐに産後ベルト産後ガードル、骨盤ベルトを買いました(笑)

しかし、

骨盤はゆがまないって知ってた?

正しくは、

”骨盤自体はゆがまない”し”出産によって骨盤は動かない”ってこと、知っていましたか?

イメージ的に、出産をするときに、骨盤が開いて胎児が生まれるという感じもしますよね。実はこれは大きな間違いです。

そもそも赤ちゃんは生まれてくるときにせまーい産道を通ってくるわけですが狭いがゆえに、身体をねじねじ、頭をねじねじして出てくるのです。

骨盤(骨)が出産のたびに広がったり、狭まったりしていたら何人も出産している方の骨盤はどうなってしまうのでしょうか(笑)

骨盤は動かない、というのは専門医が言っていることなのです。

骨盤の歪みの招待

骨盤のゆがみと言われてる正体とは?

ではいったい骨盤のゆがみと一般的に言われている原因とは、

  • ぽっこりお腹
  • 下半身太り
  • むくみ

などです。

これを骨盤のせいにしてはいけません。

本当の理由とは?

産後のぽっこりお腹、下半身太り、むくみの原因はなんと筋肉の衰えなのです。

筋肉がないから、または弱っているからこそお肉が下にさがってしまうのです。筋肉がきちんとあることによってしゅっとしたお腹をキープできますし、垂れ下がることもありません。

出産後は産後ベルトで歪んでいない動いていない骨盤を締め付けるよりも、筋肉トレーニングをした方がGOODなのです。

姿勢の歪み

また骨盤が開いている人、内側に入り込んでいるようになっている人、これは歪みなのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

それは骨盤の歪みではなく、姿勢の不安定さからくるものなのです。

長年同じ姿勢や利き足、利き手、力が自然と左右偏って入ってしまったりします。そのために、右だけ筋肉がついていたり、左だけなんとなく筋肉が弱っているのでお肉がついていたり、そして整体などにいくと骨盤が歪んでいますねと言われる。

そこを矯正しないと痩せません と言われることもあるでしょう。

骨盤ケアの基本

とにかくベースは筋肉トレーニングと姿勢

まずは毎日続けられる筋トレをしましょう。

そして以下の姿勢に気をつけるよう、常に自分で注意することが必要です。

  • 足を組む
  • 猫背になる
  • 前かがみになる
  • 腰をそりすぎる(胸をはりすぎる)
  • 足をひらいて座る

ついつい癖でやってしまうことですが、もしもやってしまったら都度直すように心がけます。

そうすることで自然と治ってきます。

特に足を組むことはきれいに見えたりしますが、実は筋肉が均等につかない原因ともなっています。足を組んだら直して、太ものの内側に力を入れて姿勢よく座り直す ということを心がけると自然と足の筋トレにもなります。

産後は特に気をつけたいものですね。

 

1日にきつい筋トレをするよりも、生活の中に筋トレを上手に組み込んで無理のない筋トレを3カ月まずは続けてみることをおすすめします!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です