;

サンテラボ骨盤ガードルを使ってみました

サンテラボ骨盤ガードルを使ってみました

≫前回の記事はこちら

今回も前回に引き続き、「サンテラボ骨盤ガードル」のレビューをしていきたいと思います。

サンテラボ骨盤ガードル

例によって着用前の感想中心にお送りいたします。

サンテラボ骨盤ガードルの見た目

素材はザ・メッシュといった感じで、色が白かったらすごく目の細かい高級洗濯ネットじゃないかという外見で・・・ぶっちゃけ高級感は皆無です。3枚の生地を縫い合わせているんですが、内側の生地は切りっぱなしで、よく言えばアウターに響きにくい、悪く言えば安物感が丸出しの印象でした。

でも太ももが出る部分は補強されているので、内側の縫い合わせ部分はそれでもいいのかな、と思い直してみたり。

まあ実際問題として他の産後ガードルに比べて価格が安いので、多少のことは仕方ないのかな~というファーストインプレッションでした。

サンテラボ骨盤ガードルの手触り

触ってみると、さらっとしたナイロン感でしたが、生地がかなり薄いのでひやっとする感じはそれほどありません。

ただあまりにも薄いメッシュなので指とかささくれが引っかかったらすぐほつれにつながりそうな心許ない感じはあります。

重量は前回測った通り軽いので、履くときに伸ばしたらいきなり切れちゃったりしないかな、と若干不安になる薄さではありました。

サンテラボ骨盤ガードルの生地の伸び

手を入れて伸ばしてみると、布が一重になっている太もも部分はかなり伸びますが、ウエストから腰回りの布が二重、三重になっている部分はかなりしっかりしていて、グッと力を入れないと横に伸びませんでした。

1枚だとこんなに薄くて伸びるのに、2枚3枚になっただけでこんなにも補正力が出るのか、と正直びっくりしました。きっと単純に重ねているだけでなく、生地を重ねる方向を変えることで伸びを調節しているのかなぁと言う印象です。

先ほど触った時は「薄くて心許ない」と思っていましたが、伸びの感触を見るとウエストから腰回りのサポート力にはちょっと期待できそうです。

一番大事な着用感は?

最初に足を入れた瞬間の感想は「うわ、結構きつい!」でした。ウエスト部分があまり伸びないのもあって、見た目以上にがっつりしてるな、と。

途中で引っかかりやすいので股部分をフィットさせるためにウエストをぐいぐい引っ張るので、これ破けたらどうしよう・・・とちょっと不安になったりも。が、その後、商品と一緒に入っていた「骨盤ガードル着用の仕方」

の存在を思い出し、こちらを参考に再度着用し直してみました。

すると、今度はすんなり着用することができました!

面白いなと思ったのは最初に「ウエストから全体の1/3ほど外側に折り返し」てから着用する方法。これをするだけで、先ほど何の知識もなくいきなり履いた時よりも足を入れた時のきつさが驚くほど軽減されてましたし、何より股下部分に引き上げるのがとっても楽でした。

これなら股下をフィットさせるためにぐいぐい引っ張らなくて済むので破れる心配もないですね。

なるほど、よく考えられているなあと感心。

きちんと着用してしまえば、思っていたよりも苦しいという感じはなく、身体にフィットしつつも腰回りをがっつりサポートしてくれている感じがしました。

ただ、若干ウエストの部分に固い感触があり、座ったりするとウエストが半分に折れてしまう現象が起こっていました。これから長期着用をしていくにあたってはこの辺りも見ながらレビューしていきたいと思います。

続きはこちら↓↓

サンテラボ骨盤ガードルを継続して使ってみました

以前の記事はこちらです

サンテラボ骨盤ガードルを購入してみました

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です