;

産後リフォームを始めよう!

産後を迎えられている方、体調を含めいかがお過ごしでしょうか。

今回は“リフォーム”ということで産後の身体のメンテナンスの御紹介をしたいと思います。

産後リフォームを始めよう!

産後リフォームとは

簡単にいうと“産後の太った体形をリセットする”ということです。

通常リフォームというとおうちなどに使う言葉ですがあえて身体に使います!

産後の悩み

  • お腹がたるんだまま
  • 下半身に明らかに肉がついてとれない
  • 浮腫みやすくなった、浮腫みがとれない

これらは産後のママさんであれば誰もが悩んでいることだと思います。その解決案をいくつかご紹介していきますね!

※運動の御紹介もしていきますので、御自身の体調をみてやってくださいね。帝王切開の方やまだ産後の疲れなどが残っているときには控えてください。

 

産後リフォームその1:運動

簡単なストレッチや、ウォーキングからはじめてください。

ポイント!

ベビちゃんをごろんと寝かせている横で簡単なストレッチをする

ベビちゃんが外気浴ができるようになったらベビーカーで一緒にお散歩をする

ベビーカーを使ってのお散歩はゆっくり歩きでないとNGですよね。

そのため、ゆっくり歩くのであれば30分程度のウォーキングが必要です。

産後リフォームその2:産後ガードル

体形補正のためのガードルをはきます。

“産後ガードル”と検索するとかなり多くの商品がでてきます。

個人的なおすすめは“トピナガードル(アイマーク社)”“シェイプマミー(ワコール社)”です。3000円程度で安く手に入るガードルもありますが、値段相応です。

ポイント!

  • 締め付け具合
  • 生地の強さ
  • 収縮性
  • 通気性

がいいものとなるとある程度の金額の商品になります。

いくつも私も産後ガードルを買いました!広告の謳い文句に誘われてしまって(笑)

がしかし安いものは洗濯をしたらすぐに糸がほつれてしまったり破れてしまったり、

なんといっても効果が期待できない作りだったり。。

産後リフォーム・私のおすすめ

トピナガードルとシェイプマミーについては効果がきっちりでたのでなおさらおすすめなのです。単にきつくするというのではストレスがかかります。そうではなく下半身をあたためて代謝をあげる、そして痩せやすい身体をつくるということが根本にあるためとても無理なく履き続けられるガードルです。

また洗濯をすると縮んでしまったまたは伸びてしまってガードルの意味をなさないということもあると思いますがトピナガードルに限っては全く心配無用です。

驚くほど生地が丈夫です。

現在産後7カ月になりますが、産後5日目くらいからこのトピナガードルを使っていますがとにかく洗濯をしてもヨレない、そして産後1カ月くらいからだんだんと効果が表れはじめました。

  • お腹まわりの肉が減った
  • お尻のお肉が減った

→ガードルのフロントホックが3箇所ありますがそれがだんだんと細い位置で留められるようになったからです。

 

産後リフォーム・まとめ

産後リフォームの御紹介、いかがだったでしょうか。

おうちのリフォーム同様、早く手を打たないと手遅れになることもきちんと頭に入れておいたほうがよさそうです。

美への意識は常に高く持ち続けていきたいですね。

大きな運動をがっつりとするのではなく日々継続しながらやっていきましょう。そうすると必ず効果が表れます!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です