;

効果抜群!話題の30日スクワットチャレンジ

効果抜群!話題の30日スクワットチャレンジ

30日スクワットチャレンジ”をご存知ですか?

以前からアメリカを中心に海外でブームになっているダイエット法です。

その名の通り30日間スクワットを行うだけで、見違えるほど太ももやお尻はもちろん、ウエストまで引き締まるというものです。

スクワットはキング・オブ・エクササイズ

標準的なスクワット動作で使う主な筋肉は、太ももの前側の筋肉ですが、しゃがみこんだポジションから立ち上がる時に太ももの裏側やお尻の筋肉も使います。

さらには、姿勢を保つためにお腹や背中の筋肉も使われるため、スクワットは全身運動に近く『キング・オブ・エクササイズ』とも言われています。

スクワットで鍛えられる太ももやお尻は、妊娠中に筋力が落ち、最も脂肪がつきやすい部位でもあります。

そして、太ももやお尻の筋肉は、身体の中でも大きな筋肉なので、筋力アップすると代謝があがり、痩せやすい体質を手に入れることができるのです。

30日間スクワットチャレンジ!

さて、30日間スクワットチャレンジの方法ですが、以下の表に従って毎日少しずつ回数を増やしながら行います。

数が多くキツイ場合には、連続せず、朝・昼・晩と分割して行ってもOKです。

とにかくその日一日の総回数を増やしていきます。

スクワットのやり方

スクワットは、脚を腰幅くらいに開き、お尻を少し突き出すようにしながら、椅子に腰掛けるようにゆっくりしゃがみます。

その時、頭のてっぺんからお尻までをまっすぐにします。

また、膝がつま先よりも前に出ないように気を付けましょう。

初めは、写真のように少し浅めのスクワットからスタートし、慣れてきたら、太ももが床と平行になるまで腰をおろしてみましょう。

少し強度を上げる方法

脚を大きめに開き、ちょっとガニ又のようにつま先と膝を斜め45度くらい外側に向けます。

背筋をできるだけ立てて、背中で壁をなぞるようにまっすぐ腰をおろす方法でスクワットをします。

この場合でも、膝がつま先から出ないように気を付けます。

この方法だと標準的なスクワットよりも内腿に効きます。

2種類のスクワットを組みあわせて行うのも効果的で良いでしょう。

赤ちゃんを抱っこしてスクワット

スクワットは、赤ちゃんを抱っこしたままでもできます。

身体の真ん中にしっかり赤ちゃんを抱っこして行いましょう。

赤ちゃん分の負荷がかかるので強度が上がりますから、あまり無理をしないようにしてください。

Before→After

30日スクワットチャレンジは、Before→Afterの写真を撮りSNSにアップするのがスタンダードなやりかたです。

お子様の成長記録とともにママのトレーニング成果を写真に残すのはいかがでしょうか?

 

監修・画像:埼玉県吉川市のピラティス&ヨガスタジオ Studio Mutter

 

 

Mama’s & Baby 注目の記事

 

産後ガードルの口コミ評価・総合評価