;

赤ちゃんの成長とママの体形変化

私は現在産後5カ月を迎えるわけですが、これまでの5カ月、思い返せばあっという間でした。周りの先輩ママから「ほんとあっという間に大きくなっちゃうからね」と言われていたのですが本当にその通りでした。

赤ちゃんの成長とママの体形変化

驚くほど早く成長してしまいます。

1日1日があっと言う間にすぎていってしまいますよ。

1日1日成長していくベビちゃんと産後のママの身体の変化や体調についていくつかのポイントをお伝えしていきたいと思います。

1か月、2か月というように4か月までの記録を実体験を踏まえた状態

 

★生後~1か月の間

ベビちゃん

24時間のうちほとんど寝ています。

目が覚めるときはお腹がすいた、抱っこ、お尻が気持ち悪い の3つのうちのどれかです。

また沐浴は毎日行い清潔にしておきます。

うんちの回数もまだ頻繁です。

ママ

出産で疲れた体を労わる時間も愚かすぐに授乳や退院後には家事もやらなければなりません。

まだまだ産後の疲れも心身ともにありますので決して無理をしないようにしましょう。

体重の戻りもマイナス4キロ、5キロ程度です。

お腹のお肉もまだあります。

産後ガードルを使って余分なお肉をシェイプするのは産後すぐからでもOKです。

帝王切開の方は無理にお腹をへこませようと産後ガードルなどで締め付けないように注意しましょう。

 

★1か月~2か月

ベビちゃん

1か月検診がはじまり、体重も順調に増えてくるころです。

生後直後に比べるとだんだん起きている時間もあるのでは?といってもまだまだ新生児なので、あまり外に連れて出歩かないようにします。

特に冬の時期は乾燥や寒さ、インフルエンザなどのウイルスもあるのでおうちでゆっくりと休みましょう。

ママ

だいぶ落ち着いてきたころではないでしょうか。

授乳のタイミングや赤ちゃんの泣き方で何を要求しているのかわかるようになるころかもしれません。

育児ノートやアプリを使って記録を取っておくのもいいでしょう。

が、他人の赤ちゃんとの比較はやめましょう。

まだ生後1か月や2か月では個人差がありますし、まだまだこれから成長する段階です。

マイペースで神経質になりすぎないようにしましょう。

産後1か月から2か月くらいで赤ちゃんとの生活に慣れてきて体重も元の体重に戻りつつあるころでしょうか。

母乳をあげているとお腹がすきやすいと思いがちでついつい食べ過ぎてしまうこともある頃です。

栄養バランスを考え食べ過ぎには注意しましょう。

自宅での簡単なストレッチが産後体形補正にはおすすめです。

産後ガードルを引き続き使ってシェイプアップを継続させるのもおすすめです。

★3か月~4か月

ベビちゃん

このころになるとあやして笑ったり、喃語がでたり、

自分の手を上にあげて見つめていたりと成長が著しいです。

昨日までやっていなかったことを今日になっていきなりやり始めるなんてことも多くありますよ。

例えば、指をしゃぶるとか何かものをつかむようになるなど。

握力のだんだんと強くなってきておもちゃもつかめるようになります。首も座ってきて早い子だと寝がえりが

できるようになります。

ママ

産後3か月もたつとかなり落ち着いてきて体形も元に戻っているころです。

がこれがなかなか痩せません。そこで産後ガードルを使った生活をしてみましょう。

3か月から4か月になると赤ちゃんの夜泣きも少々落ち着いてくるころです。

なかなか痩せない、体形が戻らないという方はぜひベビちゃんを連れてお散歩がてらウォーキングをしたり、特に食べ物については21時以降食べないなどルールを自分で決めていきましょう。

 

まとめ

この産後3か月から4か月をどうすごすかで産後太りまっしぐらになってしまうか否か、大事な時期だと思います。実際に私は3か月~4か月くらいにわたって食事もできる限り早い時間にとるようにそして1日の摂取カロリーを考えるようにしました。

授乳していると痩せるというのは都市伝説だと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です