;

産後も女性であり続けるために産後ガードルを活用する

「出産後あの人、太っちゃったよね」とか「子供産んでから別人のようになってしまったね」とか「産後太りってあるんだね」なんていうセリフ聞いたことがあるでしょう。これから出産を控えた方にぜひとも読んでもらいたいです。

産後の生理不順について

産後も女性であり続けるために

産後太りにならないために、妊娠前の体形に戻るためにはどうしたらいいでしょう。そしていつまでも女性であり続けるための秘策をお伝えします。

体形を補正する

帝王切開での分娩でも普通分娩でのお産でも、出産を経験すると女性ホルモンのバランスにより体形が変化します。子供を守るために妊娠中は腰回りやお腹周りに脂肪がつきます。そして分娩に備えてお尻などにもお肉がつきます。

さて、出産後そのお肉たちはどうなると思いますか?

赤ちゃんが世の中に生まれてくるのと同時にどこかへ消えてしまうなんて魔法のような話はありません。産後のケアとしてきちんと処置しなければ、産後太りが待っているのです。

体形を補正するアイテムや行動

・産後ガードル、ベルト、骨盤矯正ベルトなど

・適度な運動

・食事をバランスよく食べ過ぎないように!あくまでも一人分!赤ちゃんの分まで!というのはNGです。

 

産後ガードルは、腰回りやお腹周り、お尻周りのたるんだお肉をきゅっと引き締めリフトアップさせてくれるアイテムです。ぼたっと重力に逆らえなくなったお肉に引き締めを覚えさせ、それ以上お肉がつかないようにしていくのです。

産後すぐに使わないと効果がないといわれており、すぐに体形補正をスタートしないとお肉も戻りにくくなってしまうといわれています。少なくとも私は友人に入院中に、いろいろ指導を受け入院中にネットで購入し退院した日からガードルを使い始めました。またベルトも赤ちゃん用品店で購入し、併せて使い始めました。

ダイエットや食事制限、運動スタート

産後、すぐには激しい運動は控えましょう。ただ具合をみて寝たきりにならないように気を付けます。産後1か月は身体を安静にしておきましょう。

家でできる軽い運動から始めていきます。ガードルやベルトをつけつつ、ストレッチをしたり屈伸をしたりだんだんと身体を動かしていきましょう。

妊娠によって筋肉が衰えていることは間違いありません。毎日お風呂上りや寝る前にストレッチが柔軟運動をするだけでも違うので取り入れていきましょう。

またダイエットや食事制限も視野にいれておかないと、産後太りに拍車がかかってしまいます。もちろん授乳のために栄養やバランスのよい食事はしないといけません。極端に炭水化物を抜いたり、置き換えダイエットをしたり、1食しか食べないダイエットをしてしまうと母乳もでなくなってしまうのできちんと食事はとりましょう。

まずは間食やスイーツ、食べ過ぎを防止していきます。母乳をあげるとお腹もすくし母乳に栄養が取られるのでたくさん食べなきゃと思われがちですがたくさん食べればよいというものでもありませんので注意しましょう。

せっかくガードルやベルトで引き締めようとしているところに大量にカロリー摂取をしてしまってはガードルやベルトの効果も半減どころか全くでません。バランスのよいそして野菜をメインとしたメニューなどを取り入れていきます。そうすることによってだんだんと妊娠前の体形に近づいてくるでしょう。

またガードルやベルトは産後3か月から半年は使い続けていきましょう。

痩せるといい女性ホルモンがでて楽しくなり、またファッションも楽しめるようになります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です