;

出産後すぐに実践したい体形補正

出産後すぐに実践したい体形補正

 

産後の体形補正について

これを読んでいるあなたは、すでに出産を終えた方でしょうか?それともこれから出産を控えている方で産後の体形について心配されている方でしょうか?

どちらの方も出産後の体形について正しい知識とともに、シェイプをしてきましょう。

妊娠で増えた分は出産で減らない

出産するとお腹はへこみますよね。物理的な話ですが、もちろん赤ちゃんの分体重も減るしお腹もへっこみます。が10キロ近く増えた体重も分娩によって減るのはせいぜい多くても4、5キロというところです。

残りの4、5キロはどこにあるの?落ちないの?という疑問ですが落ちません。どうしてかというと妊娠によってお腹の赤ちゃんを守るためホルモンバランスがそうさせたのです。

産後はこの余ったお肉をいかにシェイプするかが課題

妊娠出産で余ったお肉をどうやってシェイプするか、そのためには、産後にすぐに実践したい、そして取り入れたいアイテムなどがあるのです。

私も最初は、そのうち体形なんてすぐに戻るだろうと甘くみていました。が、そうではありません。

出産後お見舞いにきてくれた友人から、何もしていないということを話したら怒られたくらいです。

何もしないとそのままの体形、産んだあとのぶよぶよのお腹のままになっちゃうよ!といわれました。

それは困る!と思って入院中にいろいろ調べました!

産後ベルトの紹介

産後ベルトというものがあります。

そのままの言葉で調べてみてください。いろいろなタイプのベルトがありますが、ほとんどがマジックテープで留めるもので脱着が楽ちんなものです。

腰回りや骨盤周りにまいて締め付けるものです。

生地もほとんどがストレッチがきいたもので、使いやすいです。

ベルト幅やサイズなどもあるので体形にあったものを選択してください。

これは締め付け感を自分で選べるし、家にいても服の上からでも使えるのでとても便利です。

しかしあまりに毎日使っていると生地が伸びてしまってサイズアップしてしまうのが難点です。

買い替えも必要になる場合もあるので、伸びてきたなと思ったら買いなおしてキチンとシェイプできるようにしましょう。

産後ガードルの紹介

こちらも産後の体形補正には欠かせないアイテムです。

産後ガードル、通常の補正下着のようなものです。が産後ガードルはタイプがいろいろあって値段もピンキリです。

例えば締め付け感については、超ハード、ハード、ソフト、というようになんとなく3段階に分けることができるのです。

もちろん産後の体調によって合わせてもらいたいです。

また強い締め付け感があるとストレスを感じて、すぐに脱ぎたくなってしまう方にはソフトが向いていると思うし、とことん締め付けてシェイプしたいという方には超ハードなタイプがいいでしょう。

長さもロングタイプか、ショーツの長さのショートタイプかというものもあります。

もちろんお腹のシェイプだけではなく、お尻のラインにサポーターが入っていて引き締め効果のあるものもあって、値段もそれぞれです。

洗ってすぐに縮んでしまうようなお粗末なつくりなものも中にはありますので注意が必要です。

わたしは見た目の色やレースなどは産後の体形補正には不要だと考え、機能を重視して購入しました。

商品選びのコツ

商品選びのポイント

・価格

・身体へのフィット感

・シェイプ効果

・長持ちするか

・どのように使用するか

ということです。1枚だけに限らず2,3枚購入するのもいいでしょう。

1枚はシェイプ用でパンツをはくときでもアンダーとして履けるもの、1枚は家にいてラフな格好の下に常に履くようなものなど使い分けも大切です。

ちなみに私が購入したのはアイマーク社のトピナガードルです。

これは1日中履いていても寝るときに履いていてもストレスにならず、身体にフィットします。

そして商品と一緒にストレッチ方法の紙が入っていて勉強になりました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です